歯列矯正の最新技術と費用についてのまとめサイト

矯正をしていることが見てわからないリンガル矯正

リンガル矯正のメリットとは

リンガル矯正は舌側矯正とも言われ、金属で出来た専用の器具を歯の表ではなく裏側につける方法です。
メリットは、歯の裏側にしか装置がないので前からみると何も見えず矯正していることが周りの人には分かりにくいということです。
人の前で話すことの多い方や、見た目が気になる方には非常におすすめの方法です。
また、歯の表面に装置をつけるよりも、歯の裏側のほうが抗菌作用のある唾液に触れている時間が長いので虫歯になりにくいと言われています。
さらに舌を歯で押してしまうクセのある人は、そのクセを治すことにも繋がります。
舌を歯で押してしまうクセがあると、歯並びが悪くなってしまいますが歯の裏側に装置がついていると、舌が金属の装置に触れることに違和感を感じるので自然と触れないようになります。
クセというのは常に意識をしていないと中々治るものではありませんので、強制的に違和感を感じるようにするというのはとても効果的なのです。

リンガル矯正をするのが向いている人とは?

リンガル矯正は、どのような人に向いている治療方法なのでしょうか?
従来の矯正治療は歯の表面に装置を長い時間つけておくことが必要になりますので、装置が目立つことが嫌で矯正治療を敬遠してきた方というのは非常に多いかと思います。
そういった方にこそ、リンガル矯正は向いています。
また接客業や、営業職の方、人の前に立って話す機会の多い方や結婚式などの大切なイベントが控えている方は周りの人から矯正装置が見えないリンガル矯正は非常におすすめです。
ただし、リンガル矯正は通常の矯正に比べて少し割高になっています。
出来るだけ安く治療を行いたいという方にはあまり向いていませんが、価格よりも見た目の良さを優先したいというかたはリンガル矯正を行ってみてはいかがでしょうか。


この記事をシェアする
TOPへ戻る