歯列矯正の最新技術と費用についてのまとめサイト

歯列矯正とはどのような治療でなぜ必要なのか

インビザライン矯正の治療の流れとは

インビザライン矯正は、マウスピース矯正の一種で装置を歯に固定するタイプではありません。
色が透明で、とても薄いので目立たなく装着感も良いので人気を集めています。
治療の流れとしてはまずカウンセリングで理想の歯並びなどを伝えて、レントゲンや歯型取りなどの精密検査を行い治療プランを立てて行きます。
歯周病や虫歯があれば先に治療を行い、無ければそのまま矯正治療に進みます。
マウスピースを作成し、2週間ごとに新しいものに交換をしながら治療を進めていきます。
理想の歯並びに矯正できるまで、経過観察で1ヶ月に1度は診察を受けることになります。
治療が終了したら、元に戻らないように里テーナーを装着して約2年間は経過観察を行います。
価格は部分矯正なら30万円前後、全体的なものなら80万円前後となっていて矯正の難易度によって価格は多少変動するようになっています。

インビザライン治療のメリット

インビザライン矯正のメリットとしては、まずは目立たないということそして装着した際の不快感が少ないということです。
治療にかかる期間に個人差はありますが、平均して2年~2年半程度はかかってきますので装着感が良いというのはとても大きな魅力になります。
その他のメリットとしては、事前にシュミレーションを行うので治療にかかる期間を正確に予測できるという点があります。
また、これまで困難とされていた症例にも独自のシュミレーションを利用して治療計画を立てることが出来るので比較的幅広い症例に対応することが出来ます。
さらにインビザライン矯正のマウスピースは、食事や歯磨きの際など自分で取り外しが可能であり手入れもとてもしやすいというメリットもあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る